HOME > JR連合とは > 運動方針

2021年度運動方針(第31回定期大会の概要)

JR連合は6月16日、ホテルアソシア豊橋において第31回定期大会を開催しました。当日は、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、会場に感染症対策を施し、かつリモート併用で議事を運営し、2021 年度の運動方針を満場一致で決定しました。

また、本大会では、ポストコロナ時代の運動の羅針盤となる新たな政策提言「将来を見据えたJR産業のあり方と私たちの働き方」も提起し、大学教授やマスコミ有識者の3名による講演で補強し、こちらも満場一致で承認されました。

2021年度も引き続き「JR連合ビジョン」を掲げ、より組織と運動を強化・拡大していくとともに、現下の難局を加盟単組の仲間とともに乗り越え、さらにはポストコロナに向けて前述の提言内容の深度化・具現化を図ることで運動の幅を広げ、JR産業の明るい未来を切り拓くべく、各種取り組みを力強く展開していきます。

・運動方針の詳細は機関紙627号参照

・意見と答弁は機関紙629号参照

・新たな政策提言「将来を見据えたJR産業のあり方と私たちの働き方」についてはこちらのページを参照